教育方針・特色

 

認定こども園とは?

 

「次世代に活躍する子どもたちの生かされている生命(いのち)の根を育てます」

 

あさひ幼稚園は、平成28年度より「幼稚園型認定こども園」に移行しました。
「幼稚園型認定こども園」とは、学校教育法に基づき許可された幼稚園に、保育所機能を備え、学校教育と保育を一貫して提供し、地域の子育て支援も行う施設です。 特に、本園は、数ある認定こども園の中でも、「幼稚園由来」の認定こども園です。「幼稚園教育」が長年培ってきた「幼児教育」の質は高いです。
 ☆保護者の就労状況等により利用形態を選ぶことができます。
 ☆本園を利用できる子どもさんの認定区分には3類型(1号認定・2号認定・3号認定)があります。
 ☆子どもさんの認定区分によって、「教育標準時間」、または「保育時間」のどちらかが利用できます。
更に保育時間には、「保育標準時間」と「保育短時間」があります。

 

認定区分について

 

 

保育時間について

 

▼月曜日〜金曜日

 

〇教育標準時間 = 午前8時〜午後3時
 *1号認定
 *午後3時以降は、「一時預かり保育(幼稚園型)」が利用可能
〇保育標準時間 = 午前7時15分〜午後6時15分
 *2・3号認定
 *保護者の就労時間が1か月120時間以上(西都市の場合)
 *所定保育時間以外は、「延長保育」が利用可能
〇保育短時間 = 午前8時00分〜午後4時00分
 *2・3号認定
 *保護者の就労時間が1か月60時間以上120時間未満(西都市の場合)
 *所定保育時間以外は、「延長保育」が利用可能

 

▼土曜日

 

〇保育標準時間 = 午前7時15分〜午後5時30分
 *2・3号認定
 *保護者の就労時間が1か月120時間以上(西都市の場合)
〇保育短時間 = 午前8時00分〜午後4時00分
 *2・3号認定
 *保護者の就労時間が1か月60時間以上120時間未満(西都市の場合)

※「1号認定子ども」は、土曜日・長期休業日(夏休み・冬休み・春休み)には、
 「一時預かり保育(幼稚園型)」が利用可能です。

 

利用者負担額(保育料)について

 

☆子どもさんの「認定区分」や「利用時間」によって利用者負担額(保育料)が決まります。 
☆利用者負担額(保育料)は、各市町村が保護者の所得状況(市町村民税額)に応じて定めた額となります。
☆新しい市町村民税額によって、毎年9月に保育料改定があります。
☆利用者負担額(保育料)は、毎月下旬に幼稚園へ納めていただきます。

 

利用者負担額(保育料)以外の必要経費について

 

利用者負担額(保育料)に含まれない諸経費については、本園では下記の通り実費負担をお願いしています。

 

●特定負担金
 ‘園手数料(入園申し込みや利用契約に係わる事務手数料)
 入園料(施設整備安全管理費充当)
 F段牟軌乕蘆感癲蔽稙散擬次β料犇擬次Ρ儔駭旦擬次

 

●実費負担金
 。厩翡定児の給食費(主食・副食共)
 ■温翡定児の主食費
 1号認定児が利用した際の「一時預かり保育」代
 ぃ押Γ街翡定児が利用した「延長保育」代
 ダ服代
 Τ慷冑福Χ戯爐覆匹慮朕擁の購入費用(含月刊絵本代)
 日本スポーツ振興センター共済掛金
 ┯’◆蟯虫卵検査費
 園外活動などでの必要経費
 個人注文写真代
 個人注文絵本等代
 卒園に伴う、卒園アルバム代・記念写真代
 通園にスクールバスを利用した際の費用(満2歳以上)
 スクールバス協力費
 PTA会費

 

入園申込(利用希望)方法について

 

 

 
© Asahi Kindergarten All Rights Reserved.