• 学校法人朝日学園認定こども園あさひ幼稚園

メッセージ

園長からのメッセージ 本園は仏教保育である「まことの保育」を基盤とした、知育・体育の基礎となる感謝の心を育む保育を専門とする幼稚園由来の認定こども園です。
認定こども園あさひ幼稚園 園長 旭吉 法純

本園は仏教保育である「まことの保育」を基盤とした、知育・体育の基礎となる“感謝の心を育む保育”を専門とする幼稚園由来の認定こども園です。

世の中が便利になり、便利さに麻痺してしまい、全てが“あたりまえ”のように生活しているのが私たち現代人です。その便利さの「おかげ」に気づかない生活をしています。そこには自己中心的な物の見方しか生まれません。この自己中心的な生き方を仏教では「無明(むみょう)」と称します。

私たち人間は一人で生きていくことはできません。多くの人や物とのかかわりによって生かされています。自己中心的な物の見方からは、他を認め受け入れ、思いやる気持ちは中々育ちません。
この自己中心的な物の見方(「無明」)を変えて、“共生の心”そして“感謝の心を育む保育”が「まことの保育」(仏教保育)の基本です。

この“感謝の心”とは、言い換えれば「謙虚な心」です。「謙虚な心」がしっかり育まれていないと、小学校以降の「知育」=学習能力、「体育」=運動能力もしっかり伸びていくとは思いません。正に、知育・体育の基礎となる「徳育」をしっかりと育む保育の中で、智恵と慈悲、すなわち賢く、優しく、たくましく、全ての尊い生命がしっかりと輝くような保育を目指しています。

人格形成の一番大切な乳幼児期に、保育者と園児、そして保護者(家庭)・地域が愛情・信頼関係の中で、乳幼児期にふさわしい教育・保育を展開させ、園児一人ひとりをあたたかく見守りながら、それぞれの発育に応じた援助を基本とし、毎日が楽しく、ワクワクする「遊び」を通して“おかげさま”“ありがとう”という“感謝の心を育む保育”を専門としているのが「認定こども園あさひ幼稚園」です。

近年、幼児教育・保育を取り巻く制度、並びに環境も大きく様変わりしています。少子化の中、本来はこれからの次代を担う子どものための教育(保育)施設であるべきものが、子どもより保護者のニーズに合わせた、正に保育サービスに特化した保育内容の施設に変わってしまったりしています。しかしながら、本園はそのような状況にあっても、”子どものために”という強い思いで、そこはしっかりと変えるべきものと変えてはいけないものをしっかりと見極めた教育・保育を自信をもって実践しています。

目には見えない大きな力に見守られ、生かされている、そういう世界観や幸福感、そして安心感を心身共に受け止めることができる子どもを育てていきます。

多くの皆さん方に「認定こども園あさひ幼稚園」に入園して本当に良かったと言っていただけるように、「次世代に活躍する子どもたちの生かされている生命の根を育み」続けるのが「認定こども園あさひ幼稚園」です。

認定こども園あさひ幼稚園 園長 旭吉 法純

認定こども園あさひ幼稚園
園長 旭吉 法純