• 学校法人朝日学園認定こども園あさひ幼稚園

トピックス

子ども報恩講

2009/12/16


仙光寺の「親鸞聖人報恩講」にあわせて
あさひ幼稚園の「子ども報恩講」を本日、本堂で行いました。
「報恩講」とは、
親鸞聖人の御正忌(祥月命日・お亡くなりになった日・1月16日)を
お迎えするに当たり、親鸞聖人のご苦労をしのび、
そのご苦労を通じてご恩に報いていく集まり(講)の法要です。
お花を持参してきてくれたお友だちが代表で
献灯・献華をしてみほとけ様にローソクとお花を御供えしました。
その後、桐組さんが代表で、『しんじんのうた』でおつとめをし、
親鸞さまのご一生のお話しを聞きました。
先日12月8日は、お釈迦様がおさとりを開かれた「成道会」でしたが、
その時と同様に、全てのことに感謝の気持ちを持つことの大切さを学びました。
●報恩講
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%B1%E6%81%A9%E8%AC%9B

一つだけご紹介・・・
現在の西本願寺の御門主(住職)さまは、
親鸞聖人から数えて第24代目の大谷光真さまですが、
今回、御門主さまが文春新書『愚の力』(文芸春秋刊)という本を上梓されました。
御門主さまは、冒頭で「『人間中心の生き方』と
そこから生まれる偏った生き方を少しでも変えられないか、
皆さんと一緒に考えていきたいと思います」と述べられています。
仏教を分かり易く丁寧に、
そして私たち現代人が考えさせられるべき事が多々書かれていますので
是非ご一読ください。
http://www.hongwanji.or.jp/news/info/post-128.html

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。