• 学校法人朝日学園認定こども園あさひ幼稚園

トピックス

七五三のお祝い会

2011/11/15


藤組さんの「七五三のお祝い会」を保護者や祖父母の方々と一緒に
仙光寺の本堂で執り行って頂きました。おつとめの中で一人ずつお焼香をさせて頂き、
そして、代表のお友達が、
みほとけ様の前で「ちかいのことば」を述べました。仙光寺住職の理事長先生より
「参拝の証」と「千歳飴」を頂きました。

この時期、七五三があらゆるところで行われています。
しかし、現在の七五三はその心が失われ、
イベント化、また数々の商業ベースに巻き込まれ、
晴れ着を着飾って記念写真を撮ることが主とされています。
そのついでに神社にお参りでも・・・・
そのお参りも・・・ただ願い事や我欲を満たすだけのお参り・・・。
私たちにとって一番大事な
「おかげさま」という感謝の気持ちが全く無くなってしまってます。
あさひ幼稚園の「七五三のお祝い会」は、
子どもの成長を願う事も大切ですが、みほとけ様やご先祖様、また多くの生命あるもののおかげによってここまで成長させていただいた慶びをみほとけ様に感謝の気持ちでお礼参りする事を大きな目的としています。これがあさひ幼稚園の「まことの保育(真宗保育)」の原点でもあります。

昨今の人生の通過儀礼は、その本来の意味、意義よりも
商業ベースやイベント化、そして周りの風潮に流され、
主体性のない儀礼になっているようです。今一度、考えてみる良い機会だと思います。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。