• 学校法人朝日学園認定こども園あさひ幼稚園

トピックス

七五三のお祝い会

2012/11/15


藤組さんの「七五三のお祝い会」が、保護者や祖父母の方々と一緒に
仙光寺の本堂で行われました。おつとめの間、一人ひとりみほとけ様の前でお焼香をしました。
その後、みほとけ様の前で代表のお友達が
「ちかいのことば」を述べ、仙光寺住職である理事長先生より
「参拝の証」と「千歳飴」を頂きました。
昨今の七五三を見てみますと、
商業ベースの中での形骸化されたものになっています。
着飾って写真を撮って、そしてお食事へと。
そのことが一番のメインで、そのついでに神社でも。
そして神社では我欲を満たすお願い事ばかり。
現代諸事情を考えますと
商業ベースも仕方ないものではと考えます。
しかし、はやりしっかりとした日本の伝統文化である
七五三の本来の目的を子どもたちに伝えていこうということで
本園では15年前から「七五三のお祝い会」をしています。
そしてお寺に参拝するのも
今まで多くの人や物のおかげによってここまで
成長させて頂いたことに感謝する場として
このお祝い会をさせて頂いています。

あさひ幼稚園の「七五三のお祝い」は、
子どもの成長を願う事も大切ですが、みほとけ様やご先祖様、また多くの人のおかげによってここまで成長させていただいた慶びをみほとけ様に感謝の気持ちでお礼参りする事を大きな目的としています。これがあさひ幼稚園の「まことの保育」の原点でもあります。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。